教育制度/キャリアupプラン

新入社員教育

新入社員教育

入社前研修

カーネル・ソフト・エンジニアリングでは、入社約半年前から研修が開始されます。
「今のIT知識、自信ないな……」「プログラム言語、まだよくわからなくて……」
そんな方でも大丈夫!!
必須となる通信教育はもちろんのこと、それ以外にも様々な講座の受講も可能となっており、グループ会社であるカーネルキャリアスクールの専任の講師陣に、入社前から教わる事が出来ます。

入社後研修

入社後は、ビジネスマナー研修や討論の手法、グループ作業の進め方など、まずは社会人としての基礎が身に付く研修を行います。
その後は専門の技術研修として、C言語のプログラミングやマイコンプログラミング、ネットワーク、ABAP言語のプログラミングなど、配属予定先の業務に向けた研修を、2ヶ月程しっかり行います。

研修風景

社員向け講座

カーネルグループには、カーネルキャリアスクールという専門の教育機関があります。
外向けには、ハローワークの職業訓練や他企業の新入社員教育などを行っていますが、
社内向けには、自社の新入社員教育や、社員に向けたスキルアップ講座などを開いています。

例えば、情報処理試験対策講座や、C言語フォローアップ講座などを受講する事ができ、自身のスキルアップに活用できます。
情報処理試験対策講座では、経済産業省より午前試験免除の認定を受けており、受講者で一定の要件を満たした方は、本試験で午前試験が免除されます。
これらの講座はWebでの受講も可能ですので、東海地区以外の方も受けていただく事ができます。
開発ごとの職場勉強会も実施しておりますので、積極的にご参加下さい。

キャリアupプラン

入社後は、様々なシステム開発に携わる中でプログラマとしてのスキルを高めていきます。
そして徐々に設計の部分も携わることで、システムエンジニアとして活躍して欲しいと思います。

では、その先は?

システムエンジニアの先は、やはりマネージメント能力を身につけ、管理者として活躍の場を広げて欲しいと思っています。
カーネル・ソフト・エンジニアリングでは、下記の役職がありますので、各段階を踏みながら、部下の管理方法、ユーザとの折衝能力などを磨いていく事が可能です。

サブリーダー→主任→課長代理→課長→次長→事業部長

当然、しっかりした評価制度の元で昇格もします。
昇格試験は年1回行われ、年齢や社歴に関係なく頑張った人を平等に評価する制度と風土があります。