チームの力となれることに喜びを感じられる仕事です。 エンベデッドシステム事業部 K.M 経営学部 経営学科 2017年入社

現在(これまで)の仕事について教えて下さい

私が担当しているのは車載用電池の制御を行うシステムの開発です。近年はガソリンのみで動く車だけでなく、ハイブリッドカーも開発され、電池分野はこれから活躍していく部分であると思います。そのこれからの未来を担う電池が安全に動作するよう、日々開発と改良を行うことが私の仕事です。現在私は主にコーディングと検査を担当しており、上司と相談しながら新しい作業にチャレンジし、日々作業範囲を拡大しています。職場に配属された当初は、ミスを出してしまい、落ち込むこともありましたが、上司や先輩がどうすればミスを減らしていけるかを一緒に考え、フォローしてくれました。今ではミスもかなり減り、成長を実感しています。自分の成長がミスの減少や作業時間の短縮となり、チームの力となれることに喜びを感じられる仕事です。

カーネル・ソフト・エンジニアリングに入社を決めた理由を教えてください

まずカーネルを受けようと思った理由としては、「教育体制の充実」でした。私は文系学部の出身であったため、システムエンジニアの分野についてはまったくの無知からの出発でした。そのため、入社前から教育を受けさせてもらえるという点と、グループ会社による専門の教育が受けられるという点は非常に魅力的でした。また、内定後に入社の決め手となったのは「社風」です。説明会・面接・懇親会で、社員同士の仲のよさや上司との距離の近さなど、雰囲気の良さを感じることができました。これらの入社前のイメージは、現在も変わっていません。教育体制は文系でも安心してステップアップしていけるものであり、会社の雰囲気もアットホームで社員同士の仲がよいと自信を持っていえます。

この仕事でのやりがいを教えてください

システム開発はチームプレイです。人それぞれで経験を多く積んでいる業務や得意とする分野があります。私の担当している業務は主にコーディングと検査ですが、「検査」と一言にいっても多くの種類があり、目的もさまざまです。先輩でも分野によっては詳しくないということもあります。自分が検査を多くこなしてきて、自信がついてきたころ、先輩からある検査の考え方とやり方を教えてほしいと言われました。最初は戸惑い、自分が教えても大丈夫なのかと不安になりましたが、これまで先輩から教えられたことや経験をもとにして的確に伝えることができました。これまで教えられるだけだった自分が、教えることができる部分もできて、チームの一員として自分も力になれるようになったのだと実感できた出来事でした。

入社前のイメージと、入社後に感じたギャップはありますか?

入社前はシステムエンジニアの仕事というと、「黙々と作業を続ける仕事」というイメージを持っていました。しかし、いざ仕事に入ってみると、上司や先輩との話し合いと協力の上に成り立つ仕事でした。個人よりチームの意識が強く、それぞれがサポートしあうことでプロジェクトを進めていくさまは、入社前の仕事のイメージとはまったく異なり、コミュニケーションにあふれた活気のある職場でした。

現在就職活動中の方にメッセージを!

会社を選ぶうえで大切にして欲しいことは「社風」です。仕事内容に興味があっても、会社自体の雰囲気は自分ではどうしようもない部分です。会社によっては若手社員では声を発しにくい社風もあると思います。その点、カーネルは風通しのよい社風で、新入社員や若手の意見にもしっかり耳を傾けてくれる会社です。それが会社の居心地のよさにつながっています。就活生の皆様も、自分にとって居心地のよい会社を探していただきたいです。