手を挙げれば一年目からでも多くのチャンスをもらうことができる環境です。 エンベデッドシステム事業部 M.O 工学部 応用科学科 2016年入社

現在(これまで)の仕事について教えて下さい

自動車に搭載するEPS(電動パワーステアリング)制御システム開発を担当しています。EPSはハンドルのアシストを制御する部品であり、自動車の「曲がる」という特性を担う重要な部品です。私自身はまだ入社一年目ということで、現在の仕事内容としては主に比較的簡単な設計とその評価になります。基本的には作成済みソフトの変更なので、プロジェクト全体の規模もそれほど大きくなく、設計から評価までの全工程を一人で担当することもあります。そのため、さまざまな角度からソフト開発に携わることができるので、柔軟な思考回路が身につきます。また、お客様に直接レビューや提案をすることもあり、技術力だけでなく、営業力も身につく仕事です。

カーネル・ソフト・エンジニアリングに入社を決めた理由を教えてください

私自身、元々ITに興味があり、その中でカーネルを知り、応募しました。しかし、内定を頂いた後も、やはり初めての就職であったため、失敗したくないという思いが先行し、不安を抱えていました。その気持ちを正直に伝えたところ、取締役や事業部長を交えた面談の機会をもらえました。面談は数回実施し、中には面接では聞けないような内容の質問もありましたが、躊躇することなく包み隠さず全て答えてくださりました。飾らない対応と、採用に対する真摯な姿勢に惹かれました。また、カーネル程の規模の会社で、就活生一人一人に対して取締役、事業部長の方々が積極的に関わってくれることはなかなかできないことだと思いました。私は、その個人を思いやる社風と風通しの良さに共感し、入社を決意しました。

この仕事でのやりがいを教えてください

私が現在の部署に配属されて一番に驚いたことは、実際の製品に搭載されるプログラムの複雑さでした。自分がこれまで学んできたものとは比べものにならない程、高度で膨大なコード量を前に全く理解ができない状態でした。とにかく、最初の数か月は先輩に付いてもらい、ただ言われるがままに目の前のタスクを片づけることで精いっぱいでした。毎日が勉強の連続でしたが、徐々に身についた知識である程度の判断は自分でできるようになってきました。プロジェクトの中では、方針や途中経過を話合う場が多く設けられます。その中で先輩や上司、そしてお客様に対して自らの判断を説明し、納得していただけたときは、自分もプロとして認められているのだと実感できる瞬間です。

入社前のイメージと、入社後に感じたギャップはありますか?

入社前に想像していたよりも、仕事の進め方などに関して任せてもらえる部分が大きいと感じます。もちろん、フォロー体制は充実しているので、困ったときは丁寧なアドバイスを頂け、導いてくれます。また、経営陣との距離が非常に近いことにも驚きました。積極的に声掛けを行っており、経営に関して直接会話する機会も多いです。そして、社員の自主性を尊重する社風であるため、手を挙げれば一年目からでも多くのチャンスをもらうことができる環境です。

現在就職活動中の方にメッセージを!

皆さんがこれから入社する会社は残りの人生のほとんどを過ごす場所です。有意義な社会人生活に良好な人間関係は欠かせません。就職活動をする際は、企業の業種や規模、条件といったラベルにばかり注目しがちになります。しかし、実際にその企業を形作っているのはそこに属する人間です。自分がその一員になったときのことを想像し、ラベルだけで判断せず、その中身まで吟味した上で就職活動を進めていただけるとよいかと思います。