自分が開発に携わった機能が後に自動車に搭載されることは、とても誇らしいことだと思っています。 エンベデッドシステム事業部 K.S 情報理工学研究科 人間情報科学コース 2019年入社

現在(これまで)の仕事について教えてください

自動車に搭載する機能が正しく動作しているかを確認するためのシミュレーター環境(仮想世界)を開発しています。自動車の機能、特に走行安全にかかわる機能は、衝突を想定しているシーンもあるので、万全の対策が必要です。しかし、検証すべきパターンが多く、実車での検証には、多くの労力と時間を要します。その負担を軽減するためのシミュレーター環境の開発に携わっています。

カーネル・ソフト・エンジニアリングに入社を決めた理由を教えてください

カーネルを選んだ理由は、教育制度と評価制度が整備されていると感じたからです。学生時代に勉強していた分野が情報系だったので、IT企業に絞って就職活動をしていました。ただ、実際の業務に通用するような専門的な知識は、ほとんどの人が0からのスタートです。文理問わず皆が専門的な知識や技術を身につけられる教育制度があり、その中で努力が正当に評価される仕組みもあるカーネルは、自分を成長させられる環境だと思ったので、入社を決めました。

この仕事でのやりがいを教えてください

シミュレーター環境の開発には数多くの方々が携わっており、それぞれ異なる機能の開発を行っているため、全体図を理解するだけでもとても時間がかかります。しかし、自分が開発した機能がその環境の中で、想定したとおりに動作したときの嬉しさはひとしおです。数多の機能の中の一つとして、自分が開発に携わった機能が後に自動車に搭載されることは、とても誇らしいことだと思っています。

入社前のイメージと、入社後に感じたギャップはありますか?

会社というのは、堅苦しいものだと思っていました。カーネルの場合は、会社説明会や面接のときから、堅苦しさのないフランクな雰囲気を感じていましたが、入社した今でもそのイメージは変わりません。いろいろなタイプの同期や先輩がいて、しっかりと仕事に取り組みながらもコミュニケーションを取ることもできて、メリハリがあり、楽しく仕事をしています。

現在就職活動中の方にメッセージを!

“しっかりと考え抜いた上で、会社を選んでほしい”ということです。自分は何がしたいのか、どうなりたいのかというイメージを持つことが大事です。社会人になれば、大変なことや悩みに直面することもあるかもしれませんが、そのような時には、自分は何をしたかったのかを再考すること、周りの仲間に相談することが助けになります。カーネルでは、相談できる仲間を作ることができます!